紙の新たな需要を開拓していくK.I 営業1部2課 / 2014年入社

生活に身近な商材を扱いたい

― 入社を決めた理由は何ですか?

深山の会社説明会に参加した際に、「紙に関わるすべての製品をカタチにします。」という理念のもと紙の可能性を探求する積極性に感銘を受けたことを今でも覚えております。
また、紙という私たちの生活に身近で欠かすことができない商材を扱っていることにも魅力を感じました。

― 仕事内容について教えてください。

私の所属する営業部では化粧品・お菓子のパッケージなどになる白板紙を中心とした様々な紙を印刷会社、紙器会社へ供給しております。お客様が求める品質に合った紙を選定し、必要な時にスピーディーに供給できることが大事になります。また、新規案件を獲得する為に紙をベースとした様々な商品提案も行っております。

「努力をしたものが形になった時」

― 心に残るエピソードを教えてください。

ある食品会社の和菓子用パッケージに携わった時です。当時は営業部に配属になったばかりで紙の加工知識はほとんどない状態でした。そんな中クライアントの要望としては「ターゲットは外国の方、とにかく高級感を出したい」ということでした。紙の選定から箱の形状など何度も上司やデザイナー、加工業者に相談をし、クライアントには提案を重ねた結果、なんとか形にすることができ受注することができました。クライアントにも満足いただき、お褒めの言葉をいただいたときは非常に嬉しかったですし、達成感を感じました。

「なんでも相談できる環境」

― 入社して感じる深山の魅力とは何ですか?

世代間の壁がなく、とても風通しの良い会社です。仕事でわからないことや、アドバイスが欲しい時など先輩、上司に相談がしやすく非常に働きやすい環境だと感じています。ON・OFFの切り替えがはっきりしており、残業も少ないのでプライベートの時間をしっかり確保できることも魅力です。

― これからの夢や目標を教えてください。

単に紙を仕入れて販売するだけでなく、紙に付加価値をつけて競争力のある商品を生み出すような企画・開発案件に携わっていきたいです。そして、まだまだ伸びしろのあるマーケットへのアプローチはもちろんのこと、新たな需要を開拓していければと考えています。

就活中のみなさんへメッセージ

最初はあらゆる可能性を視野に入れて、様々な業界の説明会に参加してみるといいと思います。色んな企業を知ることができるチャンスですし、新たに興味を持つことがあるかもしれません。自分が重要視する点、譲れない点などじっくり考えながら自分に合った会社に出会えるよう頑張ってください。

ある一日のタイムスケジュール

8:30 出社 メールチェック
9:00 課内打ち合わせ 情報共有
10:30 得意先との商談 新製品提案
12:00 帰社 昼食
13:00 得意先との商談
15:00 帰社 見積作成などの事務処理
17:00 仕入れ課との打ち合わせ
18:00 退社

ページトップへ