板紙の付加価値を上げる
デザイナーK.O マーケティング部 / 2018年入社

「紙に関わるものづくりがしたい」

― 入社を決めた理由は何ですか?

大学では版画を専攻しており毎日紙に触れる生活をしてきました。版画から派生し印刷物などの紙ものに興味があった私は、必然的に紙・紙器印刷加工業に絞られた就職活動に。そんな中、深山の「紙に関わる全ての製品をカタチにします。」というコピーに興味を持ちました。紙の専門商社でありながらメーカーの機能も担うこの会社なら、紙の知識はもちろんのこと加工知識まで手に入るかも!なんてミーハー心に入社を決意しました。

― 仕事内容について教えてください。

受託デザインとインハウスデザインの二つの柱で仕事を行っています。受託デザインでは、営業がお客様からご相談を受けた案件に対し企画立案・サンプル作成をし、時には直接ご提案に伺います。そしてインハウスデザインでは、社内のサービスを可視化し、紙を売るためにデザインをどう活用していくべきかを模索しながら展示会の企画やWEB・会社案内などの作成を行っています。

「伝えたいことがお客様に届いたとき」

― 心に残るエピソードを教えてください。

入社1年目の展示会で、一枚の平らの紙から展開図にむしり、ファイルに組み立てるという体験ブースを企画しました。深山のトータルコーディネートを体験を通してどう紹介するべきかとても悩んだ企画でした。当日お客様から「板紙にもこんなに種類があっておもしろい!」「新鮮でたのしい!」「この体験みたいに紙の選定から製品の納入までやってくれるの?」と様々な反応を直接感じることができました。深山として伝えたかったことがしっかりお客様に届いたんだと分かり嬉しかったです。

「若手にも耳を傾けてくれる環境」

― 入社して感じる深山の魅力とは何ですか?

声を上げれば若手でも話を聞いてくれる環境です。直属の部長や次長には毎回お世話になってます。またなによりも魅力的なのは定時に帰れること!オンとオフがしっかり切り替えられるので、働きながらでも版画制作を続けられています。

― これからの夢や目標を教えてください。

代表的な板紙を思い浮かべるとねずみ色の味気ない紙ですが、加工次第ですてきな製品に変身します。板紙の持ち味を広めるため、知識のひきだしを絶えず増やしコンシェルジュのような立場でお客様と共にものづくりを行っていきたいです。そのためにデザインスキルはもちろんのこと、ヒアリング力・企画力を身につけることが大事だと思うのでこれからも精進してまいります。

就活中のみなさんへメッセージ

社会人になってしまったらなかなか他社の説明会に行ける機会ってないんですよね。新卒採用は学生さんに分かりやすいようにぎゅぎゅっと会社情報が整理されているため、デザイナーとしても学べるところがあるコンテンツなんです。こんな機会だからこそ普段は見ることのできない企業を覗いてみたりして楽しみながら就職活動に励んでもらえたらなと思います。

ある一日のタイムスケジュール

8:30 出社 メールチェック
9:00 上司との進捗確認
10:30 クライアント先へ訪問 打ち合わせ
12:00 帰社 昼食
13:00 案件資料まとめ
15:00 デザインデータ作成
17:00 営業と進捗確認
18:00 定時ぴったりに退社!

ページトップへ